からだのメッセージを聴く前に知っておきたいね。「細胞」のプログラムや種類にも「善悪」はないって♬




新しいからだづくり。



今、刻々と変化を遂げている「からだ」さん。

病気を通して、

いろんなこと学べせてくれたね。

ありがとう。



もっともっと、あなたと仲良くしたいんだけど、、、、、




私が変化するごとに、

「からだ」さんは、よりしなやかになってくれている。

それは、私があなたを理解している証拠だよね。



未来を熟知しているであろう「からだ」さん。

もっとあなたのことを知りたいんです。


私だけでなく、この記事を読んでくださる方々のためにも、

やさしく教えて下さらないかなぁ。


未来がわかる?ちょっと語弊があるね〜わかるというより、作っているんだよ。細胞をね。

それには、設計図が必要だろ!僕たち「細胞」は、摂理を基盤に「発生」をしていく。

摂理の中には、様々な情報が組み込まれていく。もともとは、本当にシンプルなものだったんだ。

それが、人間の進化とともに複雑化した。遺伝子情報も膨大なプログラミングになってしまったよ。

複雑化してしまったプログラムをリセットするために、僕らは自ら意図したんだ。

それが、病気や痛みやアクシデントを発生させる。わかってもらえるかな。

自らを浄化するプログラムを作ったんだよ。



ありがとう。「からだ」さん。

さらに、仲良くなれた気がする。

浄化プログラムのこと、もっと聞きたいんですけれど。どうかな。




細胞たちは、それぞれ「目的を達成」して、そのサイクルを閉じる。

生物(細胞の集合体)は、「生きる」ために存在し続ける。「閉じる」まで。

がん細胞も同様。君たちから、がん細胞は悪者のように取り扱われているが、

実は、生命を一番に思っているのは、彼らだということを、

わかっているかね。

身体中にまき散らされた「ゴミ」「誤った指示」を回収して、

ヒーリングが必要な場所に集合する。そして、体外へ排出する。

排出の際、「病気」「がんになった」と言っているが、

これが「ヒーリングクライシス」である。



そうなんですね。ありがとう。「からだ」さん。

私たちにできることは、すべてやりたいです。

間違った生活習慣を改めて、ストレスや環境を見直します。


それは、「痛みを消す」「症状を抑える」ことではないし、

がんを殺すことではないですね。


これから、生活習慣をどのように見直すか、

いろいろお話の会など設けて、

「からだ」のメッセージをお伝えできたらと、

願っています。



井沢慶紅でした。



image by Jeff Wallace

☆ Body knows the future ☆

からだの声に耳をすませばいいの?声って何?この「瞬間」からだのそこかしこが、どんな風につながって、そしてすべての組織や育みを、足は大地に伝えているんだろう。手には何を携えているんだろう。網膜に映る現実を、心にどう伝えているんだろう。内なる「目」で、どこに心地よさがあるんだろうって感じて。ほらほら!「生きる」こと、楽しみに待っている「細胞たち」がある。そうなんだね。からだは未来を知っている。