突然やってくる「非常事態」冥王星のエネルギーが「本当の自分」を見せようとしているね♬








もう限界をとうに超えている。

お手上げです。

どうにでもしてよ!


こんな風に思ったことってありませんか?

こういう状況を作り出しているのは、

もちろん自分自身なんですけれども、

全て自分の力を出し尽くしているとしたら、

「運を天に任せる」

こんな心境になりますよね。


結果は、もちろん自分にとって良いことが望ましいのだけれど、

厳しい鬼軍曹のような「冥王星」のエネルギーは、

お構い無しです。


「冥王星」のエネルギー?

そう、いきなり言われてもね。

これは占星術用語ですが、

「知らない」で済ませていた頃は、

占星術(アストロロジー)は、なんて複雑なんだろう、

難しいと思いました。



それも、食わず嫌いだったことがわかり、

サロン(ママキッチン)で、2014年からスクールが始まりました。


なんてシンプルなんだろうと思ったものです。

占い?ではなく、データを読み解く分析学でした。

占星術をからだで学ぶところが、きもです。


この三次元と、からだを通じて融合しないと、

全ての学問は、机上の空論に成り下がります。


さて、

私たちの三次元の世界では、

「周期」という概念があります。

それは、「時間」と「空間」が生み出した世界です。


肉体を得て、この物質界に生きているんなら、

その決まり切った「周期」「リズム」を心得たうえで、

どんなメロディー(自分の人生)を乗せていくのか、

デザインする方が、効率がいいですよね。


ですから、簡単な占星術の本、一冊読んでみることをお勧めします。


時空をどう泳ぐか。

それと自分の人生を重ねていきます。



10の星が示す領域のそれぞれのエネルギーが、

12の星座のそれぞれのステージで、

どんな演劇(大いなるプログラム)が繰り広げられるのか、

そんな風に想像すると、

それは、占いをはるかに超えた「永遠の叡智」を紐解くような、

とても興味深い世界がやってくるのです。


まだ、占星術に足を踏み込んでない人にも、

わかるようにお話を進めていきますから、安心してくださいね。



「冥王星」のエネルギー、

これを平易な言葉で置き換えました。

「非情な鬼軍曹」(私にはそう思えるんだなあ〜)


この軍曹には、抗えないんです。

この人、、、悪い奴ではなく、

むしろ「世界一、いや宇宙一(いち)」私たちのことを、

愛してくれる人です。


これでもか、これでもかと、

試練の矢を放ってきます。


「痛っ!!!」


一瞬痛いんだけど、大きく息を吸って、

肩甲骨を緩めて「安心」を胸いっぱいにしてあげると、

その痛みはなくなり、

刺された場所の「意味」がわかると、

その矢は溶けて自分の体の一部となります。


鬼軍曹は、社会の基盤やシステムをも、

一掃してゼロにしてしまえとばかりに、

大きな大きなふるいにかけて、

ユッサユッサと揺らしています。


そうした大波の中を、私たちは泳いでいく。

これが、現在の状態です。

どんな波が来ようと、「自分」という「いのち綱」を持っていれば、

大丈夫だよと、軍曹は告げています。



でもね。

「自分」ってなによ〜

これが重要だよね。



そして、難解な質問でしょ。


こんな風に考えたらいいかも。


それは、自分を自分で見れないという現実。

人間は、「鏡」を発明しましたね。

これで、自分を見ている気になっています。

本当は、淡々と見て欲しいんです。

ジャッジメントなしで。。。。



でも「人間の歴史」は、

様々な「社会通念」や「感情のプログラム」というフィルターを、

作ってしまい、

偏ったフィルターを通して、

情報を受け取っています。


知らず識らずのうちに、組み込まれてしまったフィルター。

それを外す作業が、

歴史を通して、社会通念や宗教概念、信念体系が、

どのように変わってきたのか学ぶ作業です。


歴史が、私たちのからだを作っている事実に遭遇すると、

大嫌いだった歴史も面白くなりました。


そして、何をするか。

社会通念や概念をぶち壊す「勇気」を、

そこからもらうことです。


私たちの「潜在意識」の中の「変わることへの恐怖」は、

そこからきているからです。


一枚ずつ丁寧に、フィルターを外していくと、

自分の前に現れる「いつもの景色」が、

違って見えるではないですか。



いつも見ている景色が、「今の自分」

それを表しています。


「全ては自分の鏡」だと説明する本もありますから、

それも読んでみると良いかもですね。


フィルターがどんどん剥がれてくると、

「現実」の見え方にも変化が起き、

そして、「過去」や「未来」も、

そこに集約されてきます。


本当の自分とは、

過去、現在、未来が同時に存在する、

自分の中の「軸」のことだと、

軍曹はおっしゃっています。




さあ、私に刺さった「矢」は、

この記事を仕上げることで、

フィルターをまた一枚はがした後、

細胞に溶け込んでいっているかな。



井沢慶紅でした。




image by Peter Thoeny

☆ Body knows the future ☆

からだの声に耳をすませばいいの?声って何?この「瞬間」からだのそこかしこが、どんな風につながって、そしてすべての組織や育みを、足は大地に伝えているんだろう。手には何を携えているんだろう。網膜に映る現実を、心にどう伝えているんだろう。内なる「目」で、どこに心地よさがあるんだろうって感じて。ほらほら!「生きる」こと、楽しみに待っている「細胞たち」がある。そうなんだね。からだは未来を知っている。